2017/06/09

暑い日には、、、「春吉」「個室」「Banki」「Bar」

梅雨入りしてジメジメと暑い日が続いていますね。
そんな日は、ビールが美味しく感じ飲みたくなってしまいます。

何故、暑くなってくるとビールが飲みたくなるのでしょうか。
その理由は、マクロビオティックの見地からこのように説明できます。

ビールの主原料は「麦」で、5月頃に収穫されます。そうまさに今が新麦の時季です。
これからの時季、収穫がどんどん始まる夏野菜の多くは体を冷やす効果を持っており、これを陰性と言います。逆に冬に旬を迎える野菜には体を温める効果があり、これを陽性と言います。
そして体は、どちらにも傾かないように、陰性と陽性のバランスの上に成り立っています。
この『陰陽調和』の働きのおかげで、気温が上がり体が熱くなると、その火照りを取ってくれるものを、体自身が求めるのです。
今が旬の「麦」を主原料として作られたビールは『陰陽調和』を満たし、さらに美味しさを感じさせることができるのです。

そんなお話を聞いていたら、なんとなく暑くなってビールが飲みたくなってきませんでしたか?

そんな時は、Bankiで一杯!がオススメです。
ビールが飲みたくなるこの時期に合わせて、数種類のビールを入荷しました。
もちろんビールに合うお料理もご用意しております。
最初の一杯の「美味いっ!!」の為に、しっかりビールを冷やしてお待ちしております。

またアルコールが苦手な方やハンドルキーパーの方の為にも、ペリエや懐かしいラムネ等もご用意しております。

Page TOP
電話予約はこちら web予約はこちら